映画「セブン」

私は俳優ブラット・ピットが好きなこともあり、彼の映画をよく見ます。。その中で、初めて見た彼の映画を紹介したいと思います。

それは「セブン」という映画です。

物語はミルズ刑事(ブラット・ピット)と定年まじかのサマセット刑事(モーガン・フリーマン)が猟奇的連続殺人事件を捜査する話です。

この事件は、キリスト教の七つの大罪をなぞっていく連続殺人事件でした。理解しがたい謎が多くて点と点が、なかなか繋がりません。

そのため犯人の特定ができず捜査は迷走していきます。

ところが、捜査は急に展開し始めます。何の前触れもなくジョン・ドゥという男が血まみれの姿で2人の前に現れます。

この男は連続殺人事件の犯人でした。2人はジョン・ドゥを逮捕し取り調べます。

そして彼とのやり取りがあり、この事件を解決するため2人はジョン・ドゥの支持どおり3人で指定の場所へ向かいました。

指定の場所へ到着すると、しばらくして一台の宅配便がきました。そして届けられた小包をサマセット刑事が開けると衝撃が走ります。

そしてあっけなく映画が終わり、何とも言えない気持ちになり、とてもショックを受けました。

まだ、この映画をご覧になっていない方は是非見てください。きっと最後まで目が離せないと思います。そして考えさせられます。