アメリカ大統領選開票始まる 勝つのはどちらの候補者か?

日本時間の11月8日午前8時からアメリカ大統領選挙の開票作業が始まりました。
今回の大統領選挙はアメリカ史上初の女性大統領を目指す民主党のヒラリー・クリントン氏と過激な発言や女性スキャンダルで物議を醸した共和党のドナルド・トランプ氏による一騎打ちの構図となっており、お互いの不人気ぶりから「嫌われ者同士の戦い」とも揶揄されたことで日本でも話題となりました。
クリントン氏とトランプ氏のどちらが次の大統領になるのかはまだ分かりませんが、アメリカの大統領は世界の外交や安全保障、経済に大きな影響を与える存在であるため日本にとっても決して他人事とは言えません。
特にトランプ氏は安全保障面や経済面で日本に対して批判的意見を述べることが多くあり、仮に大統領になった際には日本に対してどういう姿勢を取り去るのか注目です。
また両候補とも環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に関して反対の姿勢を表明してあり、TPPを経済活性化の発端にしようとして掛かる日本政府にとっては高いハードルが待ち構えている状態になることは遠ざけられそうもありません。
このように日本にとっても様々な面で影響が出るアメリカ大統領選挙は早ければ11月8日午後にも結果が判明する見通しだ。