就活をして二か月目にはいりますが

年齢も年齢のせいか無駄足になる内容が多くて困ります。失業中の無駄足とは、交通費だけでも馬鹿にならないばかりか疲労感もあります。

困るのが広告で書いてある内容とは、全く違っていたり、びっくりするのが海外の素晴らしいトップページを出しておきながら、アパートの一室でやっているような業者。だますにも限度があるが、こうした現象は景気がよくなったとか、人手不足になって困っているとか全く変わってないし、人が大事にされているとも思えない。

応募をしても面接すらしてくれない会社は100をゆうに超えている。本当に人手不足なのか?しいてよかったことは、失業前に都心に近いところで安いアパートがあり、そこから面接に向かうので交通費はかなり減少した事は言えるけど、それでもそれなりにかかります。

本日は、面接前に従業員を怒鳴りつける上司を見てしまった。面接中は非常に礼儀正しいのですが、そういう一面を面接前にみてしまった。入るかいなかはすでに結果がでているとは思います。

やっと決まったと思って入ったらブラック企業。やっと入れたと思ったら暴力をふるう企業。労働者はいつも会社の実態を知らないで就労する事になります。