そうだ、サプライズをしようか。

2月14日に貰ったチョコレートはとても美味しいものでした。

あんなにも美味しく感じられたのは、丹精込めて作られたからなのでしょうか?

もしかしたら、チョコを渡してくれた時の照れたような笑顔の効果もあるのかもしれません。

いやはや、柄にもなくときめいてしまったのですから、2月14日と言うのは不思議な日です。

そんな私は、今、チョコレートのお返しを考えています。

ホワイトデーにはホワイトデー用に用意するつもりではいるのですが、何故今なのかと言うと、顔を合わせるとなるとどうにも照れくさいのです。

要するに照れ隠しの一環です。

出来ればもう一度あの笑顔が見れて、喜んでくれる物がいいのですが、困りました。

直ぐに考えが浮かべばいいのですが、そう簡単には決まってくれません。

何か良い名案は無いものかと頭を捻っていると、一つ思い浮かびました。

照れくさい事には変わりはありませんが、きっと喜んでくれるでしょう。

記念日と言うのは、サプライズには最適なのですから。

今から楽しみです。