ドイツ杯 ポカール準決勝 シャルケ対フランクフルト

負けちゃったーーーー!

勝つと思って余裕で見てたのにいーーーー!!!

いきなり荒ぶっておりますが、これはドイツサッカーのカップ戦、Jリーグで言うところの

天皇杯というところでしょうか。

なぜか私はシャルケが勝つだろうと、余裕をかましておりました。

それは先日のレヴィアダービーの結果が大きかったと思います。

あの闘志があれば行けるでしょ、という余裕。

この余裕が大敵だったのです。

いや、チームはみんな頑張った、頑張りました。

だれも余裕ぶっこいてる人なんていませんでした。

私の問題です。私ひとりの。

あとは、監督の差でしょうか。

さすが次期バイエルン監督になるだけの男です。

シャルケに気持ちよくサッカーをさせてくれませんでした。

でもシャルケには必殺の高速カウンターとナウドのヘッドがあるからなんとかなるでしょ、って最後まで思ってました。

ものすごく綿密な計算があったのでしょう。

その中心に、我らが日本代表キャプテン長谷部さんがいたのは誇らしかったけど、ごめん長谷部さん、私シャルケ応援してたんです。

長谷部さんの活躍は本当に信頼のおける活躍ぶりでした。

安心感が持てると言うか、ほんとうに怖いシーンには必ず顔を出して救っている感じ。

3バックだったからセンターの真ん中にドンと構えて、どこにでもフォローに行くの。

球出しだってできるし。いいな、長谷部さん。

話が長谷部さんの事になっちゃいました。

私が言いたいのはシャルケが負けたことです!

負けるなんて。ドルトムントに勝ったばかりの中で負けるなんて。

でも、解説さんか実況さんが言ってました。

シャルケはレヴィアダービーから1人しかスタメンを変えてない、と。

それで中2日は無理やろ。

気持ちは分かるけども。

大阪ダービーのために半分以上のメンバーを入れ替えてサクッと負けて、ACLから追放するべきだ、なんて言われてる某クラブに比べたら、両方本気で行こうとした気持ちは見えるから評価はするけど、やっぱり監督の差が出ちゃったかな、という感じでした。

ダービーの影響も大きかったかな。

あーあ、負けちゃった。

せつないなあ。

子どものためだからと言っても。

いくら可愛い子どものためとはいっても親同士の人間関係はものすごく疲れるもので、いつになっても慣れない、いやだという気持ちから抜けだせません。

明日は子どもの習っているスポーツチームでバーべキューパーティがあります。

朝から場所取りのために何人かが子どもを預け合ってスタンバイ、親は買い出しに走り、出来るだけ気の利いたものを買ってこなければなりません。

リーダー的な存在の人が言いだしたもので、絶対にどうしようもなく面倒だと思っている人がいるはずなのに、皆大人ですね。

私はこれを持っていきます。

あなたはこれをお願いできるかしら?なんて笑顔でてきぱき対応していて、私なんてなんにもしていないのに明日になってしまいました。

この先もこどもがここで頑張りたいと言い続ける以上、こういうことに巻き込まれていくんですね。

いやなら来なくていい、って簡単に言う人もいるでしょうが、一度中に入った状態で抜けるとか嫌だというのはやはりカンタンにできることではないようです。

せめておかしな威張ったリーダーがいないことだけが希望です。

これが終わると今度はゴールデンウィーク。

はあ、また誰かが何かを言い出しますよ。今度は楽しめるのかしら。

とある休日、色に思う。

慌ただしい平日を乗り切り、迎えた週末の朝。

なぜか陽射しはいつもより柔らかく感じるし、風も優しく、木々も光る葉をどっさり身にまとっている。なんて気分が良いものなのか。

足を向けたのはお花屋さん。

一ヵ月も元気でいてくれたもトルコキキョウもさすがに弱ってきたので、そろそろ次のお花をと思い。そして今回はガーベラを購入。ガーベラは好きな花のひとつ。

昔、小学生の頃に母の日のプレゼントでガーベラをあげたことがあったな。

カーネーションはありきたりであんまり惹かれなかったので、当時は名前も知らなかったガーベラを選んでみたのだけど。偶然、母の大好きな花だったらしくとても喜ばれた記憶がある。

いくつか色があるなかで今日はこの3色をチョイス。黄、オレンジ、もも。この色たち、思わずにやけちゃうかわいさ。こんなに人の心くすぐる色に生まれてくるなんて。まったくまったく~!

世の中にはいろんな色があって、何色がすき?って会話もよくある。

私はというと、ホワイト・グリーン・ブラウン・ベージュ・・とまぁ、たくさん好きな色があるけれど。もっとも色が効果的に素敵にみえるのって、色×色が組み合わさった時なんだろうなとよく思う。

服にしても持ち物にしても、すてきな色の組み合わせをしている人は男女問わず憧れちゃう。

色のセンスをもっと磨きたいと思う今日このごろ。

久しぶりの平日の休日

ずっと働き詰めでしたが、久しぶりに有休を取得して平日にお休みをいただきました。

朝はゆっくり起きて、いつも見ることはないお昼のワイドショーを見ながらお昼ご飯を食べ、週末並みにだらだらできるのが幸せで幸せで…

そして夕方からのドラマの再放送で「離婚弁護士」を見ました。

リアルタイムで放送されていたころは、天海祐希さんに憧れて毎回録画して見ていたほど大好きだったので、久しぶりに見れてすごく嬉しかったです。

この天海さんの役の間宮さんのような仕事っぷりは今でも尊敬します。ドラマだからと言ってしまえばそれで終わりですが、実際にこんな風に先の先まで展開を読んで仕事ができる人っていますよね。

私は弁護士とは全く関係のない仕事をしていますが、人と関わる仕事をしている以上、ある事態が発生した時にどんな心境になって、どんな周りからの力が働くとどんな行動をしがちで、などを考える練習は常にしておきたいと改めて感じました。

そして玉山鉄二が若くてかっこよかったです。役柄では抜けてる役どころですが、違うドラマで天海さんと共演した時はぱきっと締まってる役柄で、色んな役を演じられるのも素敵だな、とどきどきしてしまいました。

そんなこんなでテレビ見ているだけでもう夕方になってしまい、その後は準備をして友人と夜ご飯を食べに出かけました。

平日の休日を満喫できたので、明日からまたお仕事がんばります!

エア花見

世間はお花見シーズンですね。

今日は友人達からたくさんお花見風景の写真が送られてきました。

自分はというと体調を崩して家でこうしてパソコンに向かっているのでニュースや友人のSNSから流れてくる花見の写真を見てエア花見をしています。

毎年JR西日本のCMで京都や奈良の神社仏閣に桜の咲き誇っている映像が流れるんですよね。

近場になかなか桜が満開でのんびりくつろげる場所も無いので、結構そういうものを見て満足してしまっている自分がいます。

何しろ今のシーズンって一見暖かそうに感じるのにいざ出かけると寒かったり、急に春の嵐になったりして、外に長時間いるのには意外と向かない季節だと思うんですよね。

なので、行ったつもりになってGoogleストリートビューで桜の名所を回ったり、画像検索で綺麗な桜の写真を探すってとっても楽しいですよ。

人間関係や人付き合いが苦手だったり、特にお酒が好きでもないっていう人には更にうってつけの手段かもしれませんね。

ただ、寂しそうって言われるのだけちょっと嫌ですけど。笑

今日はこの辺りで。

転職でわかったもの

以前の職は「塾講師」。

学生9割の中、ほぼ1人の社会人講師として頑張っていました。

時には親のように叱り、時には泣いている子を抱っこし、学生ではできない仕事を全て私が担当していました。

もちろん学習塾なので、厳しいルールが定められていました。

携帯、おしゃべり、飲食は禁止。

講師室での水分補給も、生徒の見えないところで飲むこと。

お菓子なんて食べてた日には強制退場です。

授業をするだけでも結構な重労働ですが、それ以外にもクレームや保護者の電話対応、生徒のスケジュール管理、参考書や問題集の仕分け、教室の開け閉め、掃除・洗濯など、雑務といっていい仕事が大半を占めていました。

目まぐるしいほどの業務にも慣れてしまっていたので続ける気でいましたが、夕方からの時間帯がライフスタイルと合わず、家族に迷惑が掛かり始めたので転職することに。

今までの講師経験を活かし、国立の研究所の補佐の仕事につきました。

さあ、前よりも難しい勉強をしている人たちだから、もっと忙しくなるぞと意気込んでいましたが、いつまでたっても多忙になりません。

それどころか、研究職の先生たちから論文の編集や翻訳を回される仕事をしながら、研究員や補佐仲間と談話したり、お菓子を食べながらたまに携帯チェックしたりと自由そのもの。

このギャップに最初は戸惑いました。

こんな仕事場が存在するのか!と驚きました。

日曜日から腹痛があります

日曜日、朝目覚めると、左下腹部に痛みがありました。

押さえると痛い、動くと痛い、車の運転時の振動で痛みます。我慢できない痛みではありません。

じっとしていたら、なんともありません。痛み止めのお薬を飲むほどでもありません。

でも、押さえると間違いなく痛みがあります。歩けます。さてどうしましょう。

とりあえず、日曜日だったので、経過観察していました。明日にはよくなるかも、月曜日症状変化ありません。

ネットで下腹部痛検索しました。食生活の乱れ・卵巣の腫れ・憩室の炎症・癌など様々な症状が書いてありました。

いずれにしても、病院を受診しましょうとのことでした。

火曜日、痛みが少しましになりました。病院どうしましょう。今日は用事もあるし、様子みようかなと思いました。

病院行ったら、散々待たされて、検査しましょうと言われるはず、直腸診もするかも、いやだいやだ、カメラで検査しましょうと言われるの間違いなしです。

看護師をしていたころ、大腸カメラでポリープが見つかっても、ほとんど良性の事が多く、ほとんどの人は変わりないですと言って治まっている場合が多いです。

でも、病院に行かなければ、何が原因の腹痛かわかりません。

今日水曜日、痛みも少し楽ですが、やはり体動時に左下腹部に痛みがあります。お通じもあるし、血便もないし、お腹も張っていないので、今日も様子をみます。看護師の不養生?

日本史の謎が解けるのか?

日本史の謎と言えば信長の首の行方と卑弥呼の墓及び邪馬台国の場所だと思います。

この2つは永遠に解かれることがない謎なんだと思っていました。

しかし福岡で卑弥呼の墓かもしれないという丘陵が見つかったそうです。

こんなニュースを見てしまうと歴史好きとしてはワクワクしてしまいます。

本当に卑弥呼の墓であれば、これは大発見だと思うのです。

卑弥呼自体、かなり謎が多い人物です。

今でいう巫女のような役割も果たし、更に邪馬台国においてはとても大きな存在だったようです。

学校の歴史で習う場合、あまりにも資料が少ないので深いところまでは勉強しません。

それでも日本史上最初の統治者だったのかな、と思ってしまいます。

そんな女性が葬られる時には大きな墳墓を作ったんじゃないかなと思っていました。

もしも本当に卑弥呼のお墓であれば、卑弥呼に対する研究もどんどん進められるんじゃないかなと思います。

お墓から分かることもたくさんあると思うので、ぜひとも色々調べてもらいたいなと思います。

そのうち、もう1つの謎である信長の首の行方や信長が命を落とした本能寺の変の真相まで分かってきたらいいな、と思います。

謎は謎のままでいいのかもしれませんが、知りたいこともたくさんあります。