休日にする、ちょっとしたハンドメイド

何か趣味がほしいな、と漠然と考えたことはありませんか。

私は暇な休日に、よくそんなことを考えています。笑

趣味がほしいとはいっても、あんまりアクティブな方ではないのでアウトドアなものは苦手。自分のエネルギーを消費せずに、でも楽しめる趣味ってないかなぁ、と思っていました。

そんなとき、ふらっと寄った100円ショップで毛糸と編み棒を発見。

以前友人がSNSに上げていた編み物の写真を思い出し、「私でもできるかな……?」と思ってついつい購入してしまいました。

といっても、ズブの素人。小学校の生活科の時間に少し触れただけで、それ以来編み物なんてしたことがありませんでした。

もふもふと毛糸玉をいじりながら、この毛糸玉全部を使い切るまでこの趣味は続くんだろうか……なんて思ったり。

けれど案外、私はコツコツ作業するのが好きなようです。

最初はよくわからないまま始めた編み物も、インターネットでやり方を検索しながら、基本的な編み方はマスターできるまでになりました。

そして根気が続くだろうかと不安になってはいましたが、つい先日ぬいぐるみ用のマフラーを完成させるまでになりました……!

売っているものと比べると不恰好ではありますが、自分で作ると達成感もあるので愛着が湧きます。笑

人間用のマフラーを編めるまではまだまだかかりそうですが、丁度いい趣味を見つけられたな、とうれしく思っています!

子供でも読める絶滅動物と恐竜の図鑑

先日書店で「わけあって絶滅しました」という本を買ったんです。

仕事のお昼休みに読もうかなーと、電車移動のとき、空き時間に読もうかなーと。

でも、絵のタッチが可愛くて子供にも見せてあげたいなーと思って渡したところ、結果横取りされました。

それがすごく気に入っていて、出掛ける時も持ち歩き、寝る時も枕元に置き。

あれから2か月が経ちましたが、現在では表紙がグッシャグシャになっております。

そんなことより内容はというと、子供でも馴染みやすい、読みやすい内容となっております。

たとえば、みんな大好きティラノサウルスは、大きさや食べ物、どこに住んでいてどんな時代に行きていたのか、そしてどんな理由で絶滅したのかを

分かりやすく説明されています。

他にも、古代生物の三葉虫やアノマロカリス、ディメトロドンなど様々で、大人も夢中になって読んでしまいました。

子供はと言えば、字は読めないはずなので絵を見ただけで名前となんで絶滅したのかを言えるまでに読破!(笑)

古代生物が好きな方、恐竜が好きなお子様などたくさんの人におススメしたい本でした。

なかなかユーモラスなので、ちょっと変わったプレゼントをと考えてる方にもおススメですよ。ウシシ。

新たな発見がある体験会参加のすすめ

新製品の操作や手作り教室など、いろいろな体験ができる体験会は、勇気が必要な場合もありますが、参加するのは楽しいことです。

私が学生時代、1度だけ参加した大学主催の料理教室は、学部を超えた交流ができ、真剣に取り組みつつ、何を作ったかは忘れてしまいましたが、楽しかったことは覚えています。 普段あまり接する機会がない人と、話しができたのは楽しかったです

スマートフォンや携帯電話も、ちょっと操作するだけなら家電量販店などでも可能ですが、詳しい機能や操作を知るには、メーカー主催の体験会への参加が必要不可欠です。私も参加したことがありましたが、基礎から教えてもらっただけではなく、疑問や質問にも丁寧に応じてくれました。 体験会に参加したことで、商品の購入を決意した人もいるはずです。

料理の材料や、手順をテキストで理解できても、体験会に参加すると新たに気づくことがあるはずです。 デザインや大まかな機能、特徴、旧型との比較は、カタログやインターネットの情報を見ると把握できますが、最初から覚えるには、実際に操作できる体験会が最適です。

知りたい情報を得るには実際に体験してみるのが1番の近道です。 体験会に参加する機会があれば、ぜひ参加してみましょう。