退職代行のサービスがあるなんて

ネットニュースを読んでいて、気になる記事があった。退職の手続きを代行するサービスがあるというのだ。

仕組みは、退職者と会社との間に代行会社が入って円滑に退職をするようにお手伝いをするというものだ。依頼主は、退職者からが多いようだ。確かに、退職時のトラブルは多い。しかもそれは、うやむやになって終わるケースが多い。退職者としては、退職手続きに時間や手間をかけずに次の仕事のことに集中したいのが本音だろう。

間に入られた会社としてはどうだろうか。退職に伴う引き継ぎや連絡事項があるだろう。秘密保持や本人の最終確認が必要な場合もある。そこを代行会社を通してしかできなくなる。代行会社はあくまで、間にいるだけの連絡係だ。引き継ぎ書を作成すると行ったことはしない。

時代のニーズから生まれたサービスだろう。味気ない社会になってきたと思った。人間関係より人対会社の関係が以前に比べて乱雑に扱われているような気がしてならない。自分が退職する時に引き止めてくれた先輩を思い出した。先輩は仕事に厳しく、昔気質の人だったが、筋を通す人だった。仕事についていけなくなったので辞めたいと言ったら、親身になって話を聞いてくれて、もう一度考え直すように促してくれた。何だか懐かしいなった。